セキスイハイムの6か月目の初回定期点検 かかった時間と点検内容は?

セキスイハイムでは引き渡しから2年間定期点検とその後60年目まで定期診断を行っています。

先日、我が家でも初の定期点検、6か月目の初回定期点検がありました。

その時の内容やかかった時間について、この記事でまとめています。

セキスイハイムの定期点検とは

セキスイハイムでは長期サポートシステムという、20年までの保証と60年までの定期点検があります。

今回、この記事では6か月目の初回点検について記載しています。

長期サポート内容

我が家では、雨水等の保証が20年あるという安心感もあり、セキスイハイムで家を建てました。

6か月目の初回定期点検の流れ、内容

1か月前ほどに定期点検のお知らせがきます。

また事前にお電話もあり、その際初回定期点検では4時間ほどかかるといわれました。

 

当日、セキスイハイムの下請け会社の方が1人できました。

始めに点検内容の説明がありました。

小さい子どもがいたため、付き添いや説明が必要な点検を先にまとめてやってくださいました。

水回り、キッチン

まず最初に水回りのお手入れについて教えていただきながら、点検していただきました。

水まわりは1か月に1回は水を貯めて流すと、排水溝の掃除になるので良いといわれました。

またエコキュートの点検方法等も引き渡し時には説明がありましたが、再度6か月点検でも教えていただきました。

ドアなどの立て付け、コーキング等

次にすべてのドアの立て付け等を点検していました。

玄関ドアの閉じるスピード調整方法を教えていただき、また調整もしていただきました。

また家の中のドアもひとつずつ確認していただきました。

床下、屋根の上

床下にはいったり、屋根の上に登ったりもして点検をしていただきました。

屋根の上ではソーラーの設置状況や雨どいのゴミの溜まり方を確認していただいたようです。

最終確認

最後に点検結果を教えていただき、サインをしました。

後日点検結果の書類が自宅に届きました。

6か月目の初回定期点検でかかった時間

実際にかかった時間は3時間でした。

小さい子どもがいたため、お昼寝等とかぶり大変でしたが、先に付き添いや説明が必要な部分をまとめてやってくださったため、そのあとは自由にでき助かりました。

定期保障、定期点検で安心して住める家

本当は取り扱い書を読まなければならないのですが、いまだにちゃんと読めていません。

そんななか、今回の点検で、お手入れ方法や調整方法を教えていただき、よかったです。

定期点検があるおかげで、きれいに家を保つ意識が芽生えていいなと感じます。