取っ手のとれるティファールのフライパンとニトリのざるボウルフライパンスタンドの組み合わせが使いやすい収納なわけ

我が家ではティファールの取っ手のとれるフライパンをかれこれ5年強、使用しています。

家を建てるまでは、重ねて使用していましたが、現在ではニトリのざるボウルフライパンスタンドを使って収納しています。

取っ手のとれるティファールフライパンのメリットデメリット

取っ手のとれるティファールのフライパンですが、メリットデメリットは下記の通りです。

 

  • スタイリッシュ
  • 洗いやすい
  • 収納がすっきり

 

  • 比較的高め
  • 重ねてしまうと、毎回取り出しが面倒

 

取っ手のとれるティファールとニトリのざるボウルフライパンスタンドの組み合わせが使いやすい

ティファール自体はとても使いやすいのですが、重ねてしまうと、取り出すときにいちいち全部ださなければならず、料理中はとても手間でした。

しかし、ニトリのニトリのざるボウルフライパンスタンドを使って収納したところ、すぐに鍋が取り出せるので、とても使いやすいです。

ニトリのスタンドとティファール

ニトリのざるボウルフライパンスタンドはざるの収納にもピッタリで使いやすい

ちなみに、ざるやバットも以前は重ねて使用していましたが、現在ではスタンドを使用して収納しています。

こちらも料理中にすぐに取り出せるので使いやすいです。

ニトリのスタンドとざる

まとめ

取っ手のとれるティファールのフライパンとニトリのざるボウルフライパンスタンドの組み合わせは、見た目もスタイリッシュで、取り出しやすくとても使いやすいです。

良かったら試してみてください。